税理士を目指す方に!税理士業務とはどんなもの?

税理士とは何をする人?その実態に迫ってみよう

税理士になるためにはいつ頃から準備が必要か

税理士の業務は大きく分けて「税務代理」と「税務書類の作成」と「税務相談」の3つがあります。
その中の一つである「税務書類の作成」の中には、おそらく一度は聞いたことがあるのではないかという「確定申告書」も含まれています。
これは、個人事業主の方なら毎年必ず行っているものです。しかしこの申告書類、非常に手間がかかる作業なので、毎年2月から3月にかけては頭が痛い時期となります。
こういった作業も代行してくれるのが税理士です。とはいっても、一から全てやってくれる場合は最初のうちだけだと思いますが、それでも初めて申告書を作成する人にとっては正に神様のような存在ではないでしょうか。
この申告書は、やり方さえ覚えてしまえば誰でもできる書類です。そのやり方を分かりやすく説明してくれて尚且つ相手に有利な税金申告の仕方まで手ほどきしてくれることもあるので、ありがたいですね。ただ、申告書申請時期はかなり税理士も忙しくなるので、あまり親身にはなってもらえないかもしれません。初めて申告する方で、書類の書き方に不安がある方は、申請時期に入ってすぐのあまり忙しくない時期に確定申告に行かれることをお勧めします。
大体2月半ばから3月半ばにかけてが確定申告の時期ですが、3月入るとそれはもう地獄のように会場は混み合いますので、早め早めに申請してください。おそらくこれは税理士の方々も考えていることですし、毎年申告書にはそのような注意書きもあります。
にもかかわらず、毎年3月が忙しくなるのは何故なのか、税理士の方々にとってはこの時期は非常に頭の痛い時期であると思います。

TOPへ戻る