税理士とは何をする人?その実態に迫ってみよう

>

最も馴染みの深い業務

税理士になるためには

まず税理士さんになるための試験を受けなければなりません。
そしてその試験を受けるための資格がまず必要になります。
一つ目は「学歴によるもの」です。これは主に大卒以上が対象になります。その他には司法試験合格者などが挙げられます。
二つ目は「資格によるもの」です。これは日商簿記検定一級などが挙げられます。
三つめは「職歴によるもの」です。これは実際に法律に関する業務に2年以上従事していることなどが挙げられます。
これら三つのうち一つでもクリアしていれば税理士試験を受験することが出来るのです。それにしても、試験を受けるための資格がいるということは、それだけでも税理士が難関であることがうかがえるので、生半可な気持ちでは税理士にはなれないということが分かります。

税理士に必要な知識とは

税理士になるためには、まず税についてすべてを理解していなければなりません。
確定申告一つとってみても、税法の複雑さは理解できますが、税理士はそれら税に関する書類に毎日向き合います。管理するのはもちろん間違いを見つけ訂正し、他人の生活に重大な影響を与える存在です。税法と会計学に関する途方もない知識がなければ手に入れられる資格ではありません。
試験に合格するためには会計学2科目と税法3科目の合計5科目が合格点に達していなければなりません。しかし一度合格した科目は生涯有効となるので、5科目に達するまで数年にわたって試験を受け続けるのが一般的と言われています。これだけの勉強をして初めて税理士と名乗ることが出来るわけです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る