税理士とは何をする人?その実態に迫ってみよう

>

税理士は、企業よりも個人の顧客が多い

税理士としての業務内容

税理士の業務内容は、大きく分けて「税務代理」と「税務書類の作成」と「税務相談」の3つです。
具体的にどんなものなのかと言いますと、会社や自営業などの方の会計上の処理を代わったり、申告書を作成したりします。その他には、贈与税や相続税の申告の代行を行ったりします。顧客としては、企業よりも一個人がほとんどであり、一人一人に親身になって税金対策を行っていくのが税理士の仕事だと思います。顧客からすれば、面倒な税務管理に適切な処置をしてくれるありがたい存在だと言えます。
とは言っても、任せきりはあまりよくありません。その税理士が本当に信用できる人なのかは、自分自身も税金についての勉強をしていかなければ分からないことです。料金を払っているのだからとすべて一任しておいて、納得できないところは文句を言うようなことにならないように、相談をする方自身もある程度の税務に関する知識は勉強しておくべきだと思います。

税理士は、庶民の味方

税理士は顧客の代理人という立場であり、パートナーにみたいなものだと言えるでしょう。
税務に関する知識を駆使していかに顧客にお金を残していくのか、を第一に考えています。そして節税などのアドバイスをしたら、あとはいかに顧客自身がこの先も節税できるように考えられるようにできるか、ということも重要な仕事と言えると思います。
そしてもう一つ重要な業務は税務調査です。税務調査と聞くと、飲食店経営の方やその他の様々な個人事業主の方にとっては冷や汗ものに感じるかもしれませんが、適切な対応をすれば何も問題はありません。税務調査に入るのは税務署なのでもちろん税理士の方が来られるわけですが、それに対応できるのもまた税理士なのです。税務署の調査が入る前に、税理士事務所に依頼して自分のお店の帳簿などをチェックしてもらい、適切な処置をするということです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る